高齢者の悩み

おひとり様
おひとり様の貴方を支えます!地域包括支援センターを知ってますか?

知っていますか?地域の公的支援サービスについて。 おひとり様は絶対知っておくべき包括支援センター。
ここでは生活支援から医療、福祉、介護に至るまで多彩な支援サービスが用意されています。
近隣に頼るべき存在がいなおひとり様は必ず知っておきたいものです。

おひとり様
あんしん居住制度をご存じですか?

東京都内でのサービスですが、高齢のおひとり様にはかなり役立つ支援サービスです。
生前は見守り、死後は葬儀から家財の処分まで、限定された範囲ではありますが終活の一手として
検討の余地はあると思われます。

一人暮らし老人支援
おひとり様の葬儀・納骨

おひとり様の葬儀、埋葬はどうすれば?
身寄りのない、相続人がいない方にとっては遺産の問題以上に悩ましいものです。
公的なサポート事業や民間によるサービス支援について簡単にまとめてみました。

相談
高齢者の相談、悩み

60代、70代だからこうである、と言った先入観は危険です!
未だ情熱をもって仕事に臨む方もいれば、悠々自適な生活を求める方もいます。
同じ様に見えても個々の悩みや問題は千差万別です。
いかに本音での相談を話してくれるか? 相談を受ける側の力量も問われます。

先憂後楽
資産の終活

終活の中でも時間がかかるのは資産の始末や今後の付き合い方です。
今のうちにクリアすべき問題、将来に備えて検討しておくべき問題など、60才になれば取り組むべき案件について
簡単に紹介してます。

寄付
寄与分について

相続における寄与分とは何か?どういう場合に認められるのか?
名前だけは認知度が広まってきましたが、その実態については今一つ理解が進んでいないようです。
ここでは出来るだけ簡単に寄与分が認められる条件を主としてまとめてみました。

おひとり様
65才以上の高齢者おひとり様

 65才以上でひとり暮らしのシニアは増加の一途です。
さらに高齢夫婦の2人暮らしは将来のおひとり様予備軍、夫側だけが終活をしていては順番が逆になればそれまでの準備は意味を成しません。
お互いが終活をしておくことが大切ですし、いざおひとり様になった後にも遺産相続の問題が残ります。 国庫に没収を避けたければ
遺贈を検討しては如何でしょうか?

シニア世代
先立たれる前に

最初からのおひとり様に比べて長年夫婦で連れ添ってきた方が突然におひとり様になったら?
却っていろいろな面でのリスクに遭遇します。 「まだ」おひとり様より「また」おひとり様がより注意すべき課題について
身近なものを中心に紹介していきます。