おひとり様

家庭の問題
家じまいについて考えること

いよいよ増加してきた実家の空き家問題、
いざ始めるとなると何から、いつから、誰がといった課題に直面します。
家じまいを決める段階から家財整理までの一連の流れを簡単に紹介します。

おひとり様
おひとり様デビューについて

シニア世代のおひとり様デビューに悩む方は少なくありません。
変な見栄や体裁を捨てさえすれば、身近なところでに1人生活を楽しめる場はいくらでもあるのです。
自分がやりたいこと、やってみたいことに積極的に行動することでより彩りを増した生活に繋がるのです。

50代
シニアからのぼっち生活に向き合いましょう

シニアになってぼっちになったら貴方は大丈夫ですか?
交友関係、趣味の世界、そして家庭内でいきなりひとりぼっちになればどういうことになるでしょう?
悲惨なボッチになる要因は至る所に潜んでいます。

おひとり様
あんしん居住制度をご存じですか?

東京都内でのサービスですが、高齢のおひとり様にはかなり役立つ支援サービスです。
生前は見守り、死後は葬儀から家財の処分まで、限定された範囲ではありますが終活の一手として
検討の余地はあると思われます。

一人暮らし老人支援
おひとり様の葬儀・納骨

おひとり様の葬儀、埋葬はどうすれば?
身寄りのない、相続人がいない方にとっては遺産の問題以上に悩ましいものです。
公的なサポート事業や民間によるサービス支援について簡単にまとめてみました。

先憂後楽
相続土地国庫帰属制度について

利用する予定もなく、売却先も決まらない「負動産」は国に引き取ってもらえる?
新たな法律である「相続土地国庫帰属制度」によって、悩みの種が解消する?
ですが、引き取るための諸条件や費用についてはあまり認知されていないようです。
どんな土地は対象外なのか、対象になっても発生する費用とは?
等の初歩的な内容を紹介しています。

おひとり様
終活のスタートは心身健康な時にこそ

終活は何から始めるべきか、何時から始めるべきか?
最近の問い合わせに多く見られるのですがズバリの回答はありません!
人それぞれの置かれた環境が違います、健康状態もバラバラです。
周囲の雰囲気や他人のまねではなく、あくまでも自分の意思で行動すること、これが大切なのです。

お墓関連
終活の壁~お墓の今

お墓も多様化の時代です。今までのように一般墓や納骨堂以外にもある墓のカタチ。
少子化、高齢化、核家族化によってお墓の持つ意味も変わってきているようです。
おひとり様が注目する樹木葬などを紹介します。

おひとり様
おひとり様と後見問題

早ければ40代からでも顔を名前が一致しない、名前が思い出せない等の症状を経験した方も少なくありません。
単なる勘違いや度忘れならば笑って済ませることが出来ますが、そうでない場合も考えておくべきでしょう。
特に60代のシニアとなれば、いろいろな場面でヒヤッとしたり、ドキッとしたことを真剣に考えましょう。
特におひとり様の場合、まずは自分自身で備えを考えなくてはいけません。