高齢者

シニア世代
遠切り、厭切り、縁切りNew!!

シニア世代の終活のひとつに縁切りがあります。
遠切り、厭切、そして縁切りといった人間関係の整理について
貴方はどこまで考えているでしょうか?

おひとり様
おひとり様が緊急搬送されるとどうなる?

おひとり様や家族と別居でひとり暮らしの貴方がもし病院に緊急搬送されたら?
実例に基づいてどんなことが起こるか?どんな事態に遭遇するかを紹介します。

おひとり様
ますます増加するシニアのデジタル資産

今やスマホは80代でも所有し、それなりに使いこなしている時代です、
ですがそこにはデジタル資産の持つ危険が伴っている事、ご存じでしょうか?
個人情報が全てスマホ一括管理の持つリスクと対処法について考えてみました

おひとり様
医療・介護の公的支援制度を知ろう

医療や介護に対して公的支援がどういうものがあるか? そのうち自分や家族が対象となるものはどれか?
サービスを受ける際の事前準備の有無は? など等、その時が来る前に熟知しておくべきものです。
これらの中から主だったものを簡単にまとめてみました。

おひとり様
あんしん居住制度をご存じですか?

東京都内でのサービスですが、高齢のおひとり様にはかなり役立つ支援サービスです。
生前は見守り、死後は葬儀から家財の処分まで、限定された範囲ではありますが終活の一手として
検討の余地はあると思われます。

家族
自分のせいで争族、争続発生に!?

親が原因で相続で兄弟が険悪に!?
当人が事故や病気で行動が出来なくなった、そのせいで気力を喪失し相続に関心が無くなった。
さらに妻に先立たれた夫には相当な喪失感から無気力無関心になるケースが少なくありません。それが招くものとは?

シニア世代
自筆証書遺言書で想定すべき注意事項

最も一般に認知されている自筆証書遺言んついてメリットとリスクを十分認識出来ているでしょうか?
手軽に、いつでも、格安で作成できる反面、その内容の正確性は自己責任で、更に保管場所の選定とその管理責任も自己責任です。
便利さを優先するか、安全性、信頼性を重視するか? 自身の状況をよく見極めてより安心できる方策を選ぶようにしてください。

シニア世代
「承継」誰に後事を託しますか?

貴方が50代、60代であるならば、いろいろな承継について考えてみませんか?
お墓の承継問題、個人事業主であれが後継者の問題、私のようなひとり事業者の場合の受任業務の推敲の問題。
それぞれ形は違えど、承継に関して考えておくことは終活の中でも重要な課題です。

多くの方が陥りがちな気心の知れた「同世代」 いわば戦友といえる「同世代」は後事を託せる存在ですが、
同世代ということのリスクも存在する事を忘れがちです。

どうやって安心して承継を遂行するか? 貴方はどう考えますか?